常温保存できる野菜は?常温保存の方法もご紹介!

常温保存できる野菜は?常温保存の方法もご紹介!

買い物に行くと冷蔵状態で置かれていない野菜が数種類あると思います。野菜は肉類や魚類と違って、常温保存に適しているものがあるのです。

そこで今回は、常温保存に適している野菜と、その保存方法について解説していきます。

常温保存に適している野菜とは

まずは、常温保存でも問題ない野菜について知っていきましょう。

根菜類・芋類

根菜類とは、大根や人参、ごぼうといったような「土の中に埋まっている部分を食す野菜」のことを指します。これらに当てはまる野菜はすべて常温保存で問題ありません。

逆に冷蔵庫などに保存してしまうと、育ってきた環境と違い過ぎて野菜にストレスがかかってしまい品質や鮮度を落とす原因となってしまいます。じゃがいもなどの芋類も寒さに弱いため常温保存がおすすめです。

果菜類

果菜類とは、ナスやトマトなど「果実部分を食す野菜」のことを指します。果菜類は熱帯地域で育ってきたものや、夏野菜に分類されるものも多いため常温保存がおすすめです。

ただし、完熟しているトマトなどは冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。ナスも野菜室での保存も可能ですが、冷やしすぎると水分が少なくなってしまって鮮度が落ちるので注意です。

常温保存する際の注意点

では、野菜を常温保存する際にはどのような点に注意すべきか見ていきましょう。

直射日光を避ける

「常温だったらどこでも大丈夫?」と思われるかもしれませんが、しっかりと常温の温度は決められています。室温とは、JIS規格で「20℃±15℃」と定められています。

しかし、野菜の常温保存に適している温度は「20℃前後」と覚えておきましょう。20℃以上になれば冷蔵庫に入れて保存することをおすすめします。そのため、直射日光が当たる場所などは温度が上昇して品質や鮮度に悪影響が出るので厳禁です。

風通しの良い場所にする

湿気の多い場所も野菜にとっては好まない場所になっています。そのため、風通しの良い場所に置くのが最も安全です。

とくに夏場などは高温多湿になりやすいので、常温保存に適している場所を見つけるのが難しくなります。

おすすめなのは冷暗所

高温多湿になりにくい場所として、玄関のような風通しが良くて光も遮ることができるところを推奨します。自分の家にある「冷暗所」を見つけましょう。

野菜の間隔を空けるひと手間も加えてみると効果的です。

まとめ:常温保存できる野菜は?常温保存の方法もご紹介!

常温保存に適している野菜は意外と多くあります。決して冷蔵保存がダメというわけではありませんが、野菜を最も美味しく新鮮な状態で食べるためにも「常温保存に適している野菜の種類」と「常温保存に適している場所」を覚えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ