野菜を新鮮のまま長持ちさせるには?

野菜を新鮮のまま長持ちさせるには?

有機野菜など、新鮮で体によさそうな野菜を選んでも、保存方法が悪いとあっという間に鮮度は落ちて味も悪くなってしまいます。せっかくなのですから、鮮度のいい野菜はそのままおいしく食べたいですよね。

ここでは、野菜を新鮮なまま長持ちさせる方法を野菜の種類別にご紹介したいと思います。保存のコツもわかるので、さっそく今日から実践してみてください。

野菜の鮮度を長持ちさせるコツ

種類別の保存方法をご紹介する前に、野菜全般に当てはまる保存のコツをご紹介します。適した保存方法がわからない野菜があれば、保存のヒントに役立ててください。

購入時の袋から取り出す

袋詰めして販売している野菜は、必ず袋から取り出すようにしましょう。袋も別に用意するのがおすすめです。搬送中に発生した結露が袋の中に残っていると、そこから野菜が傷んでしまうからです。

野菜の表面が濡れていたら拭き取ってから保存します。購入後は早めに取り出しておきましょう。

水分の蒸発を抑える

新鮮な野菜の特徴の1つがみずみずしさです。放置した野菜は表面からどんどん乾燥するため、水分が蒸発しないように全体を新聞紙やラップなどで包んであげましょう。

野菜の呼吸を抑制する

野菜も人と同じく呼吸をし、生長を促しています。しかし土から離れると身の中の栄養を生長に使うため、味や鮮度が落ちます。野菜の呼吸を抑えるには、ビニール袋に入れて空気にあまり触れさせないのが効果的です。ただし完全に密閉するのはよくないので注意しましょう。

保管場所を選ぶ

保管する場所も適当ではなく、野菜に適した場所を選びます。温度の低い場所に置くと生長が遅くなる傾向のため、冷蔵庫に入れるのが効果的です。ただし産地が暖かい野菜は低温が苦手なため、冷蔵せずに風通しがよく暗い場所に置きましょう。

また、畑での状態に近づけるのがよいといわれるので、寝かす・立てるなどの置き方も畑での様子を参考にしてみてください。

ビニール袋に入れて分ける

野菜は切断面などから他の野菜に影響するホルモンを出しています。他の野菜の鮮度を落としてしまうため、種類ごとに小分けにしてビニール袋に入れるなど、互いに影響しない環境にしましょう。

代表的な野菜の保存方法

次は種類ごとの保存方法をご紹介します。家庭に常備していることの多い野菜を取り上げてみました。

キャベツは芯を除いて水気を与える

丸ごとのキャベツは、生長の要である芯に包丁を入れてくり抜いてしまいます。そこに濡らした新聞紙やキッチンペーパーを丸めて詰め、葉の乾燥を防ぎます。その後、1つ1つビニール袋に入れて冷蔵庫で保管します。

キャベツ以外にもレタスや白菜などの芯のある野菜は、できるだけ芯を取り除いてしまうのが効果的です。

にんじんや大根は切り口の有無がポイント

にんじんと大根は、根菜としての形はよく似ています。どちらも新聞などで包んでから袋に入れて冷蔵庫で保存しますが、ポイントは葉の処置と切り口です。

葉付きの大根は根元で葉を切り落とし、大きいようであれば2~3本にカットしてから保存します。すでにカットしてあるものを購入した場合は、切り口から乾燥しないように濡らしたキッチンペーパーで包みます。切り分ける必要のないにんじんも、葉がついているものは切り落として大根と同様に保存しましょう。

新鮮な有機野菜ほど早めの対応を

みずみずしく新鮮な有機野菜ならすぐに対応しなくても新鮮さが長持ちしそうな気がしますが、実施は逆です。有機野菜は薬品などで鮮度を長持ちさせていないため、早めに対応する必要があります。

まとめ:野菜を新鮮のまま長持ちさせるには?

有機野菜などの鮮度を長持ちさせるには、それぞれに適した方法がありますが、いくつかのポイントを覚えておけば多くの野菜に対応できます。なかでも有機野菜は鮮度が落ちやすいため、早めに処理するのが長持ちの秘訣です。

新鮮な有機野菜を新鮮なまま味わえるよう、ひと手間かけるのを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ