有機野菜の栄養価を上げる無添加調味料のメリット

CMでも話題の人気調味料の多くは、原材料表記を見てみると多くの食品添加物が使用されています。多くのスーパーやコンビニ等でも売られ、売れ行きも好調です。手軽に料理ができ、いつでも一定のおいしさを再現してくれる、忙しい人の味方です。

ただ、利便性と引き換えに、せっかくの料理に大量の食品添加物も同時に振りかけることになっていることの問題点を気にする人はそう多くはありません。

ここでは、調味料に使用されている食品添加物の問題点と、無添加調味料のメリットについて書いていきます。

醤油に含まれる食品添加物の実態

本来は丸大豆、天然塩、小麦といったシンプルな原材料を使用し、1~2年もの長い時間をかけて醸造して作られる日本の伝統調味料が「醤油」です。

濃口醤油や薄口醤油、たまり醤油にしろ醤油など多くの種類があり、料理によって使い分けます。

無添加の醤油には独特の深みがあり、そのまま味見をしても余計な雑味もなくおいしいです。

丸大豆が発酵の過程で多くのアミノ酸を生成し、うまみも凝縮しています。高価な醤油になればなるほど、昔ながらの本格的な製法で作られたこだわりの一級品です。

ところが、最近市場では安売り競争が激化し、食品添加物が使用された醤油が多く売られるようになりました。

甘みをつけるために人工甘味料であるステビアやソルビトールが使われていたり、

着色のためにカラメル色素、保存性向上のために安息香酸ナトリウム、とろみをつけるためには

キサンタンガムなどといった具合です。

本来、そのような食品添加物に頼らずとも醤油は保存性が良く、独特の風味や甘味を感じる調味料です。

色を付け足す必要性も感じません。

これらの食品添加物を使用することで、本来は1~2年と時間と手間暇をかけて醸造される醤油の生産期間とコストが大幅に削減できます。

そして、消費者の趣味嗜好に合わせた様々なタイプの激安醤油風調味料が出回ります。

食品添加物のデメリット

基本調味料である醤油でさえ、無頓着に安いからと飛びつくと食品添加物の多いものを選んでしまうことになります。とはいえ、世の中のほとんどの加工食品やスーパーの棚に並ぶ調味料の多くには多種多様な食品添加物が含まれています。多くの人はその危険性は言われているほどではないと判断し、気にしないという選択をしています。

食品添加物には催奇形性があるものや発がん性リスクがあるもの、肝臓に負担をかけるもの、糖代謝の異常をきたすリスクがあるものなどリスク喚起の説明があるものも多数あります。

それでも、国が決めた安全基準を満たしているという理由から、気にせず食べていてもそれだけが原因では大事には至らないと言われています。

そうは言っても、毎年のように新しい種類の食品添加物が開発され、多種多様な食品と混ざり合い、加工され続けている今、それを気にせず取り入れ続けて本当に大丈夫なのかどうか、だれも責任は取ってくれません。

食品添加物の安全性検査試験は1種類に対してのみ行われているのであって、数多くの食品添加物との組み合わせや、食品との組み合わせ、人の消化管内での変化などの条件での試験が行われているわけではありません。

1度に大量にとらなければ大丈夫ともいわれる食品添加物ですが、まったくリスクがないわけでもないことは念頭に置いておくべきではないでしょうか。

無添加の調味料には栄養たっぷり

無添加の調味料はスーパーで売られている激安調味料とは違って割高ではありますが、素材の力を大事に、栄養価満点のおいしい調味料に仕上がっています。

醤油も時間をかけて丁寧に作られた本醸造のものは味わいも段違いです。みりんもみりん風調味料よりは無添加の本みりんのほうが料理の味がワンランク上がります。

和風、洋風の出汁の素も、無添加調味料であれば素材から丁寧に作られている分本格的な料理の味になります。

無添加の調味料は化学物質の化学反応で味を出しているのではなく、素材の栄養と風味が丸ごと凝縮しています。発酵調味料もすべて、時間をかけて作るからこその発酵食品のメリットを100%享受できます。

無添加の調味料を使い、有機野菜で料理を作れば栄養たっぷりの本格的な料理が出来上がります。

まとめ:有機野菜の栄養価を上げる無添加調味料のメリット

無添加の調味料にこだわれば、いつもの料理に味わいが生まれ、料理の味の幅が広がります。化学調味料を使った料理を食べ続けていれば味覚障害になってしまうことも指摘されており、どんどん濃い味付けでないとおいしいと感じられなくなっていきます。無添加の調味料で料理を作り、本来のおいしい料理を味わってみましょう。

無添加の調味料には素材の栄養と美味しさが凝縮されていますし、単一の味付けで飽きてしまうということもありません。種々の無添加調味料を組み合わせ、おいしさと栄養価をプラスした有機野菜料理を作っていれば、日々の楽しみも増えていきます。

食品添加物のデメリットを気にする、気にしないの問題の前に、

無添加調味料にしかない栄養面やおいしさの面でのメリットに目を向けてみましょう。

有機野菜宅配サービスでは、各種の無添加調味料も注文することができます。

有機野菜とセットで注文するのもいいですし、無添加調味料だけの注文でも大丈夫です。

ネットスーパーを利用するよりも安心の食材、調味料がそろう有機野菜宅配サービスを試してみましょう。

有機野菜に寄生虫がつきものとは限らない!?最新の有機栽培の害虫対策とは

地場野菜のメリット・デメリットとは?有機野菜との違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ