有機野菜を食べるとどのような効果がある?

有機野菜を食べるとどのような効果がある?

健康志向の人で有機野菜を選んで食べる人がいます。
「有機野菜=体に良さそう」というイメージがありますが、実際のところは有機野菜を食べるとどのような効果があるのでしょうか。
本記事では、有機野菜を食べるメリットや効果についてご紹介します。

有機野菜を選ぶ理由

有機野菜を選ぶ理由は、安全・栄養価が高い・味が優れているなどさまざまな理由が挙げられます。

それぞれの理由について詳しく見ていきます。

安全性が高い

有機野菜は農薬残留量が非常に少なく安全性が高いと言われています。

ただし、農薬残留量により農薬が何年も体内に蓄積され続けた結果、健康上悪影響が及ぶかどうかについては明らかになっていないそうです。

しかし、厳しい「有機JAS認定」の条件をクリアした日本の有機野菜を食べる事が安全性につながるのは間違いありません。

栄養価が高い

有機野菜が選ばれる理由として、「有機野菜は栄養価が高い」という理由があります。しかし、有機野菜がそうでない野菜の栄養価よりも高いということについては意見が分かれている状態のようです。

味が優れている

有機野菜はそうでない野菜より味が優れていると言われています。味を左右する硝酸(苦味)の含有量が、有機野菜の方が少ないというデータがあるそうです。

有機野菜はそうでない野菜に比べて見た目は奇麗ではありませんが、味は優れています。

なぜ有機野菜を食べる必要があるのか

有機野菜を食べる理由として、「小さな子供のため・動植物のため・地球環境のため」という人もいます。残留農薬や遺伝子組み換えによる悪影響を危惧する人がたくさんいるからです。

小さな子供は大人よりも、残留農薬や環境化学物質からの影響を受けやすいと言われています。

また、農薬や化学物質が土壌に浸食することで、動植物や地球環境に悪影響があると危険視する人もいます。

有機野菜を選ぶ人が増えれば小さな子供も安心・安全、有機野菜を生産する人が増えれば動植物や地球環境にも安心・安全な世の中になるのかもしれませんね。

まとめ:有機野菜を食べるとどのような効果がある?

有機野菜を食べるとどのような効果があるのかをご紹介しました。

有機野菜とそうでない野菜にはまだ未確定な要素が多く、どちらが優れているのかを判断できません。しかし、日本の「有機JAS認定」の条件をクリアした有機野菜は、間違いなく安全性が高いです。

有機野菜を食べる事は自分や家族の安全を考えるだけではなく、地球環境の安全も考慮していることにつながるので、ぜひ有機野菜を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ