野菜の効果的な食べ方がまるわかり!

野菜の効果的な食べ方がまるわかり!

日常的に野菜を積極的に食べるのは大切ですが、根本的に重要なのは野菜に含まれる栄養素をしっかりと摂取することです。

野菜に含まれる栄養は調理によって壊れていくため「野菜は摂っているいるけど栄養はあまり摂れていない」といったことも起きがちです。

栄養を余すことなく摂取するためにも、野菜の効果的な食べ方を理解していきましょう。

野菜の切り方で大きく変わる

野菜をカットする方法によって、摂取できる栄養は大きく異なってきます。

例えば、にんじんであれば皮に栄養が多く含まれているため、食べるなら皮ごと食べた方が良いでしょう。

ピーマンに含まれるポリフェノールの一種「クェルシトリン」は繊維に沿って切ることで栄養が調理によって流れ出にくくなるので、縦切りにするのがおすすめです。

玉ねぎの辛味成分硫化アリルは空気に触れることで血液をサラサラにする効果のあるアリシンに変化するため、みじん切りがおすすめ。

この他にも、にんにくは「すり下ろし」、プロッコリーは「芯まで食べる」など、切り方を工夫することで野菜の栄養を効果的に摂取できます。

栄養を壊さない調理法は「蒸す」

野菜の栄養は加熱によって壊れてしまうため調理法にも工夫が必要です。

「炒める」「揚げる」「茹でる」などさまざまな調理法がありますが、野菜の栄養素をしっかりと摂取するなら「蒸す」が最もおすすめです。

例えば、野菜に含まれる水溶性ビタミンは水に溶けやすいため茹でることで栄養が逃げてしまいます。

蒸し調理であれば野菜の栄養を逃さずそのまま摂取することができますし、電子レンジでも調理が可能なので非常に簡単ですね。

やはり生で食べるのが良い

調理によって野菜に含まれる栄養が壊れてしまうことを考えると、やはり生野菜は栄養の摂取に効果的です。

加熱すると激減してまうビタミンEやビタミンB群などを多く含むアボカドといった野菜は、サラダにして食べるのが最も効果的です。

スープにすれば栄養が溶け出しても大丈夫

加熱によって栄養が溶け出してしまう場合でも、スープにすれば栄養が摂取できます。

玉ねぎやキャベツなど生で食べるのが難しい野菜でも、スープにすれば溶け出した栄養も含めて食べることができます。

まとめ:野菜の効果的な食べ方がまるわかり!

野菜の効果的な食べ方について解説しました。食べ方を考えることで、より効率的に野菜の栄養を摂取することができます。

いかに野菜の栄養を逃さずに食べられるか、という視点で普段の料理に取り組んでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ