有機野菜は無農薬野菜やオーガニック野菜と何が違う?

有機野菜は無農薬野菜やオーガニック野菜と何が違う?

「有機野菜」
「無農薬野菜」
「オーガニック野菜」
近年では、安全・健康志向の高まりにより以上のような言葉がさまざまな場面で使用されますが、何が違うのでしょうか。

本記事では、「有機野菜」「無農薬野菜」「オーガニック野菜」の違いをご紹介します。

「有機野菜」と「オーガニック野菜」は同じ

オーガニック(organic)とは「有機の」という意味です。有機野菜やオーガニック野菜とは、有機肥料を用いた栽培方法で採られる野菜の事です。

しかし、「有機」や「オーガニック」として表示をするには「有機JASマーク」という農林水産省の認証を得る必要があります。

有機JASマークの認証条件

・2~3年以上有機肥料で土づくりされた田畑で育成
・化学農薬・肥料の使用を避ける
・遺伝子組み換えではない
・害虫駆除に農薬を使用しない
・他の田畑から農薬が飛来しない設備がある

有機野菜やオーガニック野菜と表示するには、上記の条件を満たした上で農林水産省より有機JAS認証を取得する必要があります。

有機野菜・オーガニック野菜は農薬を全く使用していない安全な野菜であると勘違いしていた人は少なくないはずです。

有機野菜・オーガニック野菜は「化学的に合成された肥料および農薬の使用を避ける」という定義があり、天然原料の肥料や農薬の使用は許可されています。

また、天然原料の肥料や農薬のみの使用でも、害虫駆除に使用する農薬や、化学肥料や化学農薬を使用している田畑が近くにある場合、それらの化学農薬などが飛来しない設備がないと有機JAS認証は得られません。

それだけ有機野菜・オーガニック野菜は安全に栽培された安心できる野菜であるという事です。

注意が必要なのが、有機JAS認証に基づき「有機野菜」「オーガニック野菜」と表示しなければいけないのは商品(「野菜」)そのものです。

商品以外の栽培方法などは有機JAS認証が無くても「有機」「オーガニック」の表示はしても良い事になっています。化学肥料や化学農薬を使用していても「有機栽培」「オーガニック栽培」などの表示はできるので、虚偽の広告に騙されないようにしましょう。

有機野菜と無農薬野菜の違い

有機野菜と無農薬野菜は全く異なるものです。

前章でご紹介した通り、有機野菜は天然原料の肥料や農薬の使用は許可されています。

無農薬野菜とは、肥料を全く使用せずに栽培された野菜の事です。

しかし、無農薬栽培だとしても近隣の田畑から農薬が飛来し農薬が含まれている可能性もあるため「無農薬」という表示は平成16年より禁止されました。

現在の無農薬野菜の表示に関して

現在は無農薬野菜や有機野菜以外の野菜を「特別栽培農産物」と表示します。

その中でも1.農薬を全く使用しない場合(無農薬野菜)、2.化学肥料などを使用した場合(普通の野菜)、3.化学肥料などを削減した場合(努力した野菜)で表示を分類しています。

1.「農薬:栽培期間中不使用」
2.「節減対象農薬:栽培期間中不使用」
3.「節減対象農薬:当地比〇〇割減」

※節減対象農薬…従来の「化学農薬」から「有機JAS規格で使用可能な農薬」を除外した農薬

上記の表示により、農家の人が農薬や化学肥料を減らす努力をして作った野菜である事が消費者に伝わるようになりました。

農家側としては、消費者に何のアピールもできないのであれば化学肥料を減らす努力をする必要がありませんでした。

消費者にとっても「化学肥料を用いた普通の野菜よりは安全で、有機野菜程ではない野菜」を選べるようになりました。

まとめ:有機野菜は無農薬野菜やオーガニック野菜と何が違う?

「有機野菜」「無農薬野菜」「オーガニック野菜」の表示の違いをご紹介しました。

どれも健康に良さそうなイメージですが、違いを理解しなければわからないことが多くありました。

表示には生産者の努力が記され、消費者もどの程度の野菜を選べばいいのか選択がしやすいようになっています。

ぜひ、スーパーなどで野菜を選ぶ際にお役立てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ