有機野菜とは?どんな野菜のことを指すの?

有機野菜とは?どんな野菜のことを指すの?

「有機野菜」は体によさそうなイメージがありますが、どんな野菜のことか説明できますか?聞きなれているため知っている気にもなりますが、いざ説明するとなるとできないものですよね。

ここでは有機野菜がどんな野菜なのか、できるだけ簡単に、しかし詳しく解説したいと思います。

有機野菜とは

スーパーでも頻繁に見かけるようになった有機野菜とはどんな野菜のことなのでしょうか。実は簡単に見分けることができます。

国内の有機野菜には国が定めた明確な基準があり、それをクリアしてはじめて有機野菜ということができます。農林水産省が定めた「有機JAS規格」というものがあり、次のような条件をクリアしなければなりません。

・種播き又は植え付け前2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用しない田畑で生産
・遺伝子組換え由来の種苗を使用しない
・原則として農薬・化学肥料を使用しないで栽培を行う等、地域環境への負担をできる限り軽減した栽培で生産した食品
(農林水産省「有機農産物の表示概要)より抜粋」

簡単にまとめると、国が禁止した農薬や化学肥料などを使わないで育てた、より安全性の高い野菜のことで、自然循環に沿った農業の促進も目的としています。条件をクリアした野菜には「有機JASマーク」を貼れるため、店頭では一目で見分けることができます。

生産者によって異なる有機野菜の品質

では、有機野菜と表示があり「有機JASマーク」があれば、どの野菜を選んでも同じなのでしょうか。実は、同じ有機野菜であっても生産者によって品質はかなり変わります。なぜでしょうか。

有機野菜は有機JAS規格によって使用できない農薬などがありますが、完全な無農薬を保証しているものではありません。生産者によって対応はさまざまです。

有機野菜に認定される条件は満たしながらも、条件に入っていない農薬や化学肥料などを使っている生産者がいるからです。その一方で、できる限り自然な農法で育てている生産者もいます。結果として、野菜の味から体への影響まで、さまざまな点で違っているのが現状です。

「無農薬に近いと思って食べていたのに実は違っていた」ではショックですよね。有機野菜とあれば安全なのではなく、どんな方針で有機野菜を生産しているのかを知ることで、納得のゆく選択ができるといえるでしょう。

まとめ:有機野菜とは?どんな野菜のことを指すの?

有機野菜は国が定めた条件下で育てた野菜で、一定の農薬などを使っていないなど、安全性の高さが魅力的です。その一方で、生産者によって化学肥料などに対する対応が違い、安全性や味などが大幅に違います。

有機野菜を購入する際は、有機野菜の証である「有機JASマーク」を確認し、できれば生産者のこだわりや方針にも目を向けましょう。毎日食べる野菜ですから、より安全なものを賢く選びたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ