有機野菜に寄生虫がつきものとは限らない!?最新の有機栽培の害虫対策とは

有機野菜には寄生虫がいるかもしれないという注意書きは有機野菜や自然栽培野菜のセットを購入しようとするときにも見かけます。ただ、実際にいくつかの業者の有機野菜を購入してみて、寄生虫がいたり、虫の卵がついていたりしたことはありません。キャベツの葉に青虫がついていたことがたまにあった程度です。

キャベツや白菜のような内側が多重構造になっている葉野菜にはもともとこのような虫がつきやすく、慣行栽培の野菜でも頻度は少ないですが見つかることがあります。

ここでは、有機野菜につきものとされる寄生虫とは何か、最新の有機栽培の害虫対策事情について書いていきます。

有機野菜に寄生虫がいるといわれる理由

有機野菜寄生虫がいるといわれていた時代は、畑や人々の暮らしの衛生環境が悪かった時代です。

当時は畑に与える有機肥料人糞や動物の糞尿が使用されていたり、不衛生な環境調理をしたり、手洗いが十分でなかったりなどと寄生虫やその他の細菌などによる感染症にかかる潜在的要因が無数にありました。

現在は衛生環境が向上し、寄生虫は激減

現在の有機栽培に使用されている有機肥料はしっかりと完熟させて発酵処理された堆肥を使用しています。80度以上の高温にもなるこの処理の過程で、ほとんどの寄生虫や細菌は死滅します。

この処理が未熟なままであったりすると土壌の硝化が進んだり、衛生面での不安が大きく、寄生虫の危険性も昔のように高まってしまいます。

きちんと知識と経験を積んだプロの有機栽培野菜農家の人たちであれば、有機肥料の管理と扱いには責任を持っています。有機野菜を購入する際に、有機野菜宅配サービスを利用し、管理と指導がきちんとしている契約農家から購入することが安心できるというポイントもそこにあります。

自分で作る有機野菜や、詳細がわからない有機野菜は肥料の管理についての不安が出てきてしまいます。

現在の衛生環境が向上した状況下では、完熟肥料を使用した有機野菜に寄生虫が多いとは言い切れなくなっています。

現在でも注意しなければならない有機野菜の寄生虫

衛生環境が良くなった現在でも、有機野菜は害虫対策に化学農薬を使用しないため慣行栽培よりも虫との戦いに苦戦します。有機栽培でも害虫対策として農家は様々な工夫をしていますが、そんな努力をかいくぐって残りやすい寄生虫もあります。

キャベツや白菜には要注意

キャベツや白菜のような葉の内側に、よく観察しないとわからないカタツムリやナメクジが潜んでいることもあります。カタツムリやナメクジには非常に多くの寄生虫がいる可能性があり、間違っても生で食べてはいけません。海外では冗談半分でナメクジをそのまま食べ、脳障害を起こして死亡してしまった事件もあります。

ナメクジやカタツムリには、広東住血線症という寄生虫がいることがあり、幼虫が脊髄を通して脳にまで侵入していくという恐ろしい感染症を起こす可能性がありますので注意しましょう。

キャベツや白菜のような葉野菜は一枚一枚はがして、丁寧に流水で洗うようにしましょう。

少し暖かいお湯や、食用の重曹を溶かした水につけて洗う方法もお勧めです。

そして、サラダではなくよく加熱して食べるようにすることで寄生虫も虫も死滅してくれます。有機野菜に付着する寄生虫が心配な方は生では食べないで、加熱して食べることを徹底することでリスクを避けることができます。

最新の有機栽培の害虫対策について

有機栽培ではできるだけ最終手段である有機栽培に許可された農薬を使わないよう、作物の植え方や組み合わせを工夫したり、様々な物理的、生物的な方法で野菜の成長を阻害する害虫対策をしています。

例えば1つの農地で複数の野菜を育てることで、害虫の被害拡散を防ぎ、リスク回避をすることも重要な害虫対策です。その際に、野菜の害虫を阻害してくれる役割を持つものを合わせて植えるという生物学的な害虫対策も最近は注目されるようになってきました。

物理的な害虫対策としては非常に多くの方法があり、手で直接捕まえるような原始的なものから蛍光灯色彩のトラップ、特殊なフィルムでハウスを覆うなどの工夫があります。

このような創意工夫をしても害虫が除去しきれない場合に、天敵生物や防虫効果を持つ植物などを由来とする農薬を使うことは有機栽培でも認められています。

現在の有機野菜は、経験と知識に基づいた様々な工夫を凝らし、害虫や野菜の病気と闘いながら育てられています。

まとめ:有機野菜に寄生虫がつきものとは限らない!?最新の有機栽培の害虫対策とは

現在の有機栽培では使用する肥料の衛生管理も昔と比べて向上し、水もきれいな水道水を使用しています。

できるだけ有機栽培に認可された天然由来の農薬には頼らず、様々な創意工夫を凝らして害虫対策をしています。そうして育てられた有機野菜は農家の惜しみのない努力の賜物です。

それでも有機野菜に寄生虫がついてしまうとしたら、キャベツによくいる青虫やナメクジ、カタツムリのような類です。運が悪ければ見つかることがあるという程度ですし、丁寧に洗って加熱して食べることで寄生虫が残っていたとしても死滅するので感染することはありません。

化学肥料や化学農薬に頼れば、簡単に害虫対策をすることはでき、生産量も増やせます。しかし、作物の天敵がいなくなった代わりに益虫や、田畑に昔からいた農作業を手伝ってくれていた生き物たちの姿が消えていく畑には寂しいものがあります。

有機野菜には寄生虫がいるといって怯えるよりも、化学農薬や化学肥料に頼って作られた慣行栽培の野菜にはない魅力について考えてみましょう。

有機野菜は意味がないとは言い切れない根拠とは

有機野菜-ビオ・マルシェの宅配-オーガニック食品・肉・卵・有機米

ビオマルシェを実際に利用して分かったメリット・デメリット・評価

有機野菜をサラダで食べる際に注意しておきたいポイントとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ