野菜の残留農薬の落とし方を解説!

野菜の残留農薬の落とし方を解説!

健康に影響のない野菜を普段から食べたいと考えている方は、野菜に農薬が残っていることに対してもデリケートになってしまうはずです。

残留農薬は基本的に健康に影響を及ぼすような量ではないため、そのまま食べても問題ないとはいえ、気になってしまうのは事実です。

そこで今回は野菜の残留農薬を綺麗に落とす方法について解説します。

野菜の残留農薬を落とす方法は?

野菜の残留農薬を落とすには、さまざまな方法が考えられます。調理法に合わせながら野菜をクリーンな状態にしていきましょう。

①水洗い

野菜を水でしっかりと洗うのは、表面の土や汚れを落とすのにも効果的ですし、調理前に必ず行うことでもあります。

水洗いをしっかりすることである程度の残留農薬は落ちていきます。特に、水溶性(水に溶けやすい)農薬は水洗いで落ちていきます。

②ゆでる

調理前に野菜をゆでたり、50度程度のお湯で洗うことでも残留農薬を落とすことができます。

お湯で洗うことによって雑菌を死滅させる効果も得られますし、残留農薬を落とすという意味では水洗いよりも効果的です。

ただし、野菜を事前にゆでてしまうと調理法に制限が出てしまいます。

③皮をむく

野菜についた残留農薬のほとんどは表面の皮についているため、皮をむくことでほとんど農薬を取り除くことができます。

今回ご紹介する方法の中では最も効果的です。

④揚げる

油で揚げることによっても農薬を取り除くことができますし、調理法の中では最も効果的で、ほとんどの農薬を取り除くことができます。

ただ、このやり方を実践するのは大変なので、野菜の素揚げが調理手順に入っている料理でしか使えないでしょう。

⑤炒める

野菜を炒めることによっても農薬を落とす効果が得られます。調理法によっては使いやすい方法でもあるので実践してみるといいでしょう。

【参考】
「農薬工業会:教えて!農薬Q&A」より
https://www.jcpa.or.jp/qa/a2_08.html

まとめ:野菜の残留農薬の落とし方を解説!

野菜の残留農薬を落とす方法について解説しました。

水でしっかり洗うというのが基本にはなりますが、水洗いよりも「ゆでる」「皮をむく」といった方法が効果的です。

作る料理などに合わせて、今回ご紹介した方法を実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ