野菜と果物の違いとは?どう区別されている?

野菜と果物の違いとは?どう区別されている?

スーパーなどでも野菜と果物は分けて売られているイメージがありますが、そもそも「野菜」と「果物」の違いについてご存知でしょうか。

分類方法によっても何が野菜で何が果物かは異なりますし、一般的に果物だと思われていたものが実は野菜だったといったこともあります。

今回はそんな野菜と果物の違いについて詳しく解説します。

一般的な「野菜」と「果物」の違い

一般的に用いられている「野菜」と「果物」を区別する基準としては、以下のようになっています。

・野菜:草として生えるもの
・果物:木になるもの

「野菜」は「野」の「菜」という字からもわかるように、野に生える草であり、田畑などで栽培されます。

一方、「果物」は木になる果実のことを指しており、語源でも「木の物」となっています。

このように土から取れるものは「野菜」、木から取れるものは「果物」と区別されています。

そのため、果物として認識されているスイカやメロンはこの基準からすると「野菜」ですし、野菜として認識されているきゅうりも「果物」ということになります。

ただし、「野菜」と「果物」について学術的な区別がなされているわけではなく、あくまで区別する上での基礎として考えるといいでしょう。

農林水産省が採用する「野菜」と「果物」の違い

農林水産省では、独自の基準で「野菜」と「果物」を以下のように分類しています。

・野菜:食用に食用に供し得る草本性の植物で、加工の程度の低いまま副食物として利用されるもの
・果物:2年以上栽培する草本植物及び木本植物で、果実を食用とするものを「果樹」として取扱う

2年以上栽培されるものを果物として分類しています。そのため、スイカやメロン、いちごといった1年で収穫されるものも野菜として取り扱われています。

まとめ:野菜と果物の違いとは?どう区別されている?

野菜と果物の違いについて解説しました。

分類方法によって基準が異なるため、1つ1つの食品がどちらに分類されるのかが変わってくるといったケースも見られます。

例えば、この他にも輸出入に課せられる関税について、野菜と果物とで税率が異なるため、どの品目がどちらに該当するかについて厳密な基準が設けられているといった話もあります。

普段の食事にはあまり関係のない話ではありますが、ちょっとした雑学として覚えておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ